3つの慰謝料

交通事故における慰謝料には3種類があります。入通院慰謝料と後遺症害慰謝料、そして死亡慰謝料です。入通院慰謝料は事故によって負ったケガを治療するために入院、通院した期間によって支払われる慰謝料で、治療期間が長くなれば慰謝料も高くなるのが通例です。この慰謝料は医師の診察を受け、交通事故による受傷であることが認められた場合にのみ発生することになりますので、マッサージなどで治そうとしてマッサージ店に通い、その領収書を見せたとしても入通院慰謝料はもらえない可能性があります。

次に後遺障害慰謝料についてですが、こちらは事故によって後遺症がのこった場合に発生する慰謝料になります。後遺障害は1級から14級までの等級があり、それぞれの等級によって発生する慰謝料は異なり、1級ならば1100万円から2800万円、14級だと32万円から110万円という金額がベースとなります。

最後に死亡慰謝料についてですが、こちらは被害者が死亡してしまった場合に発生する慰謝料となり、遺族が受ける精神的苦痛や経済損失等も加味した上で支払われることになります。亡くなった方の年収や社会的立場によっても値段は異なりますが、2000万円から2800万円がベースとなります。

交通事故における慰謝料

まず交通事故における慰謝料は、損害賠償金とは異なりますので注意が必要です。損害賠償金とは、事実確認に基づいて発生した費用を補てんするためのお金を指し、事故によって負った怪我を治療するためにかかった通院費や診療費、入院費や、壊れた自動車の修理にかかった費用などが主になります。どこまでの範囲を損害賠償してくれるかについては明確に規定されているものではなく、示談によって決められることになりますが、最低限治療にかかった費用については賠償してくれることになります。

これに対して慰謝料は事故によって受けた精神的苦痛の度合いを金額に換算したもので、明確な損害を賠償する損害賠償とは全く異なります。しかしながら、精神的苦痛の度合いは個人の主観によって大きな差が出ることになりますので、一般的には判例から似たケースを持ち出したり、一定基準に従ったりすることによって慰謝料が算出されます。通院するほどのケガもしていないごく小さな事故であるにも関わらず、精神的に苦痛を受けたからと言って、何千万円もの慰謝料を請求したとしても通りませんし、このように個人の主観によって苦痛の度合いには差が出るため、ある程度基準が設けられているのです。

そもそも慰謝料って何?

テレビ番組やドラマ、映画などの作品などでも登場する「慰謝料」や「精神的苦痛」といった言葉は、今や浸透しきってしまっており、大人ならば一度は耳にしたことがあると思いますが、そもそも慰謝料とはどのようなものなのでしょうか。民法709条によると、故意や過失により法律上保護される利益を侵害した場合、損害の賠償責任を負うとされています。

そして、民法710条では「他人の身体や自由、または名誉侵害となった場合や他人の財産権を侵害してしまうといったことがらのいずれかにより、財産以外の損害に対しても、損害賠償の責任を負い賠償しなければならない」というような内容となっています。精神的苦痛などの無形の損害についてもお金を支払うことによって、賠償することになります。これがいわゆる慰謝料で、原則としては不法行為の被害に遭った人がその被害事実に基づいた損害を賠償してもらうことを意味します。重要なことは「不法行為」という原則で、たとえば非常識な態度を取られた、礼儀がなっていないといったことで請求することはできません。

慰謝料が発生するシーンとして代表的なケースは、不貞行為が原因の離婚や、婚約の不当な破棄、セクシャルハラスメントやパワーハラスメント、ストーカー被害、DVや傷害、虐待といった暴力行為、差別、交通事故などが挙げられます。当サイトではよくあるケースの交通事故における慰謝料の計算についてご紹介していきます。