3つの慰謝料

交通事故における慰謝料には3種類があります。入通院慰謝料と後遺症害慰謝料、そして死亡慰謝料です。入通院慰謝料は事故によって負ったケガを治療するために入院、通院した期間によって支払われる慰謝料で、治療期間が長くなれば慰謝料も高くなるのが通例です。この慰謝料は医師の診察を受け、交通事故による受傷であることが認められた場合にのみ発生することになりますので、マッサージなどで治そうとしてマッサージ店に通い、その領収書を見せたとしても入通院慰謝料はもらえない可能性があります。

次に後遺障害慰謝料についてですが、こちらは事故によって後遺症がのこった場合に発生する慰謝料になります。後遺障害は1級から14級までの等級があり、それぞれの等級によって発生する慰謝料は異なり、1級ならば1100万円から2800万円、14級だと32万円から110万円という金額がベースとなります。

最後に死亡慰謝料についてですが、こちらは被害者が死亡してしまった場合に発生する慰謝料となり、遺族が受ける精神的苦痛や経済損失等も加味した上で支払われることになります。亡くなった方の年収や社会的立場によっても値段は異なりますが、2000万円から2800万円がベースとなります。